« 56年前の「東京オリンピック1964」雑誌のページを繰って | トップページ | 久しぶりに「胃カメラ検診」を受診して »

2020年7月27日 (月)

二名フットボールクラブスポーツ少年団 練習着兼ユニフォームを眺めて

Dsc_2063_20200727192101

 

 先日、外出してのち自宅へ帰ると、25年以上前、息子が小学生時代に着ていた個人持ちの練習着&ユニフォームが洗濯物として干されていました。何でなのだろう?
同日夕刻、偶然にも息子が自宅へきて、干してあるそれを見て同様な思いを僕につぶやきました。僕の返答は「おかあさんや!俺はわからない!」と。

 7月26日夜、恐るおそると妻に尋ねました。「洗濯物として干してあった二名FCのあれは?」「タンスから出てきて洗濯して翔平に渡そうと思ったから。本人がいらないなら捨てるけど」

 娘夫婦の子もサッカーに興じています。また息子夫婦にも男の子が生まれた状況を踏まえて、妻がわが息子に対してこのユニフォームを手渡そうとしたのは、息子に対してだけでなくその孫へとつながるメッセージかもしれないと僕は受け止めています。

 皆様方、ご存じでしょうか? 奈良県奈良市北西部、二名(にみょう)小学校区に「二名フットボールクラブスポーツ少年団」が間違いなく存在したことを。そのクラブはソレステレージャ奈良2002に継承されています。このユニフォーム写真は「二名フットボールクラブスポーツ少年団」が存在したという「エビデンス」でもあります。

 

Dsc_2066_20200727192101

Dsc_2064_20200727192201

 

 

« 56年前の「東京オリンピック1964」雑誌のページを繰って | トップページ | 久しぶりに「胃カメラ検診」を受診して »

ソレステレージャ」カテゴリの記事

うぶすなコミューレ」カテゴリの記事