« 「チェント・クオーレ・ハリマ」公式サイトを観ながら | トップページ | 「フットボールの歴史」のページを開いて »

2020年3月 6日 (金)

「永谷園」の起源は京都・宇治田原だったのですね!

Dsc_1414

 

2月22日、京都へ出かけました。その時に初めて知りました。「永谷園」の起源は、「江戸時代山城国湯屋谷村(現:京都府綴喜郡宇治田原町)で煎茶の製法を開発した永谷宗七郎(のちの永谷宗円)にさかのぼる」(ウィキペディア)と。
僕にとって昔々から「永谷園」は「お茶づけ海苔」ですね。

 

 

Dsc_1411

Dsc_1418

 

 

 

« 「チェント・クオーレ・ハリマ」公式サイトを観ながら | トップページ | 「フットボールの歴史」のページを開いて »

文化・芸術」カテゴリの記事