« BVクロッペンブルクへの移籍を知って~泊 志穂選手( 元AC長野パルセイロレディース) | トップページ | 息子夫婦が信州長野へ出かけて »

2019年8月11日 (日)

映画「東京裁判」を観て

Dsc_1259

 

 8月11日、息子夫婦は長野、娘夫婦家族は新潟へ出かけているようです。僕も県外、大阪市西区九条、好きな映画館「シネ・ヌーヴォ」へ、4時間37分のドキュメンタリー映画「東京裁判」を観ました。

 1973年、米軍の170時間、50万フィートという膨大な量の裁判記録フィルムが公開され、それを編集し作品化したドキュメンタリー映画です。1983年制作公開作品ですが、今回、デジタル・リマスター版として再公開されました。

 映画冒頭、さまざまな映像が移り変わる中で、1945年8月15日の昭和天皇の「玉音放送」の音声が流れました。無知であるのですが、僕は初めて「玉音放送」全文を聞くことができ、加えて日本語字幕でその内容を知りました

 「東京裁判」法廷内での光景・情景を長時間にわたる映像で初めて観ました。さまざまなことが脳裏をよぎり感じ思い考えました。この映画にはエンドマークがありませんでした。いかなる歴史も、過去としてエンドマークを打つのではなく、未来のためにあるのかも知れませんね。

 

Dsc_1266

Dsc_1263

Dsc_1255

 

 

« BVクロッペンブルクへの移籍を知って~泊 志穂選手( 元AC長野パルセイロレディース) | トップページ | 息子夫婦が信州長野へ出かけて »

映画」カテゴリの記事