« 2018.12.2 長野市南千歳辺り | トップページ | 奈良公園バスターミナルへ出かけて »

2019年4月25日 (木)

「おかげ犬サブレ」食べ、思い出したこと

57710728_2247929641963217_31666280882514

 

先日、娘夫婦家族が三重県伊勢のマラソン大会へ出かけたおみやげに「おかげ犬サブレ」をいただきました。封を開けるとパッケージの裏に「・・・・・伊勢に行きたくとも行けないご主人の代わりに、おかげ参りをしたのが“おかげ犬“です。“おかげ犬”には注連縄やお金が付けられ、道中の旅人、街道の人々に支えながら、無事におかげ参りを成し遂げたと伝えられています。・・・・・」という一文が目に留まりました。

 思い出して本棚からかつて読んだ「犬の伊勢参り」を取り出しました。見ず知らずの人たちに出会い支えられて、犬が単独行で伊勢参りをした史実があるのです。この本を初めて読み出した時、「犬が単独行で?そんなアホな?」と思っていましたが、読了後は「なるほど!ありえるなあ!記録に残っている!史実だ!」と理解しました。

 飼い主に見送られて青森津軽黒石から伊勢参りをして最長距離単独行をして帰還した犬が記録に残り、それだけではなく各地に「犬の伊勢参り」の記録が残っているのです。明治時代に鉄道が開通してのち、必然的に単独行での「犬の伊勢参り」がなくなったようです。興味深いですね!

 

 

« 2018.12.2 長野市南千歳辺り | トップページ | 奈良公園バスターミナルへ出かけて »

旅ごころ」カテゴリの記事