« 福井・敦賀へ出かけて 2018.8.18 | トップページ | 「心の旅~敦賀への道」(創作者:山本真輔) »

2018年8月22日 (水)

「都怒我阿羅斯等」(つぬがあらしと)とは?

Img_0332


 8月18日、福井・敦賀駅前で、その銅像と初めて対面しました。「都怒我阿羅斯等」この文字を読むことができず、銅像のまわりをを見ると由緒らしきものがしるされていたのですが、それもまた理解できませんでした。非力の二乗でした。

 その場でスマホを駆使して確認すると、「都怒我阿羅斯等」とは「つぬがあらしと」と読み、『日本書紀』に伝わる古代朝鮮の額に角の生えた人物で、 出雲国を経て来着したそうです。

 この人物の様相の「角鹿(つぬが)」から地名の「敦賀(つるが)」になったのだと。全くもって存じ上げませんでした。まあ方難しいことは忘れ、足の向くまま気の向くままに潮風に吹かれてその町を歩きました。

Img_0330

Img_0334

Img_0333

« 福井・敦賀へ出かけて 2018.8.18 | トップページ | 「心の旅~敦賀への道」(創作者:山本真輔) »

歌碑・句碑・記念碑・野外彫刻」カテゴリの記事