« 長野市権堂から年賀状が届いて | トップページ | 思い出して!急行「きたぐに」ラストランと17歳の秋の長野を »

2018年1月12日 (金)

「西行歌碑」を思い浮かべて~国立淡路青少年の家

0011


 1月11日夜、2012年11月28日のわがブログ記事を偶然に見た。兵庫淡路島の「国立淡路青少年自然の家」へサッカー合宿で出かけた時のものだ。

  「小鯛ひく 網のうけ縄 よりくめり うきしわざなる 潮崎の浦 (西行)
 11/25(日)朝、「国立淡路青少年交流の家」に隣接する“よしぶが丘”に登った。駐車場の登り口から徒歩3分程度でその丘の上に立つ。

 そこには、歌びと・西行の歌碑がある。古めかしくも凛として建っている。幾度かこの施設へ訪れたが、そのたびにこの歌碑の前に立つ。でも、そこで人に出会ったことがない。人それぞれである。」

 ふと懐かしくその歌碑を思い浮かべた。


« 長野市権堂から年賀状が届いて | トップページ | 思い出して!急行「きたぐに」ラストランと17歳の秋の長野を »

歌碑・句碑・記念碑・野外彫刻」カテゴリの記事