« JR鶴橋駅 2017.5.26 | トップページ | 久しぶりに「ゴールドベルク変奏曲」をCDで聴いて »

2017年6月 3日 (土)

「御幸森天神宮」にて 2017.5.26

18740531_1371114572978066_695602112


 5月26日、JR鶴橋駅前からタクシーで、わが産土神(うぶすながみ)・御幸森天神宮を往復しました。参拝する間、少し待機してもらって往復料金は1,300円でした。意外と安価でしたね!バスが無いので歩いて行かなければならないのですが、杖つき童子・ステッキおじさんは、そこまで歩き通せるかどうか不安なので利用しました。

18699955_1371114819644708_459263680


 御幸森天神宮境内に「難波津(なにわづ)の歌」の歌碑があります。「難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花」。有名な歌ですね。古代に百済からわが国へ渡来し「千字文」「論語」を伝えたという王仁(わに)の歌だと言われています。

 ただ「王仁」という人物は伝承上で実在したかどうか不確かだそうです。この歌碑は和文とハングル文字で和歌がしるされている全国的にも珍しいものです。

 「王仁」は伝承上の人物なのですが、大阪枚方藤阪に立派なお墓があります。また、不思議にも東京上野公園内に立派な碑があります。その碑は戦時中に建立されたものですが、当時の著名な政治家・軍人がその建立の発起人になっています。なぜだか詳しいことはわかりません。興味深かったので、何れの地も以前に出かけました。

 「難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花」実に心地よい歌ですね。

18698386_1371114966311360_789016979

« JR鶴橋駅 2017.5.26 | トップページ | 久しぶりに「ゴールドベルク変奏曲」をCDで聴いて »

うぶすな大成通」カテゴリの記事