« 「鶴橋風月」の焼きそば好きやね! | トップページ | 47年前の中学校修学旅行のしおりのページを繰って »

2016年5月12日 (木)

昔むかしの「受験生村案内」を眺めながら~国立オリンピック記念青少年総合センター

Img_5224_640x480

 5月9日(月)午前、県庁内のスポーツ少年団担当課へ、先日の東京での日独交流事前研修会の報告とお願いに伺いました。

 その帰路、電車の中で「43年前に受験で上京したよな!オッこっちゃったけど!確かその受験票が何年か前に自宅で見た。家に帰ってから確認しよう」などと突然に思いだして変な探索心が湧きました。

 自宅に帰り、永年の「開けずの箱」を開くと玉手箱のようにいろいろな懐かしい品々が出てきました。その中にありました。...

 先日、事前研修を受けた国立オリンピック記念青少年総合センターは、東京オリンピック1964の選手村であった場所で、43年前は「受験生村」でした。その時の案内と領収書が残っていました。

 「宿泊施設と設備:鉄筋四階建(暖房付)で各棟ごとに勉強室、談話室、浴室があります。寝室はベッドでロッカー等を備え、1室4人です。会費:1泊(朝夕2食付) 1人1,100円」としるされていました。

 領収書金額を見ると3,300円だったので3泊したのでしょう。受験票をみました。受験料納付は昭和48年2月9日、三和銀行鶴橋支店の領収印。

 ひみつにしていた訳でもなく話す必要もないので、人さまには伝えてはいないのですが、43年前間違いなく明治大学文学部ドイツ文学科を受検しました。

 あえなくも入学させていただくことはできませんでしたが。43年後、何の因果か応報かドイツへと行くことになっちゃいました。これもまた業みたいなもんやね!

Img_5225_640x480

« 「鶴橋風月」の焼きそば好きやね! | トップページ | 47年前の中学校修学旅行のしおりのページを繰って »

うぶすな大成通」カテゴリの記事