« JR帯解駅にて 2016.4.10 | トップページ | 参加申込者各位へ「4/16 AC長野パルセイロサポーターズなにわ初見参Welcomeの集い」 »

2016年4月14日 (木)

なにわ大阪と信州長野は縁が濃い!

Img_4288_640x480

 写真は大阪・四天王寺の「守屋祠」の写真だ。聖徳太子の命日22日の日だけしか詣でることができない。

 古代に崇仏派・蘇我馬子と厩戸王(うまやとおう・聖徳太子)が排仏派・物部守屋を滅ぼした。聖徳太子が戦勝祈願し成就したので四天王寺を創建した。その境内の一角に「守屋祠」がある。打ち破った相手の魂を鎮めるためのものだったのだろうか。

 信州善光寺のご本尊は、信濃から来ていた本田善幸卿が大阪「なにわ堀江」に物部氏によって捨てられていた仏像をお告げにより故郷・麻身里(飯田)へと持ち帰った。幾年かを経て水内(長野)へ移され善光寺が創建されたという。...

 本来、ご本尊は中央にあるべきなのだが、内々陣左側にあり、右側には本田善幸家族三卿の像がある。中央にあるのは「守屋柱」だ。

 四天王寺の「守屋祠」、善光寺の「守屋柱」、偶然だとは言い切れないであろう。二つの寺とも物部守屋の鎮魂に通ずる寺で、かつ聖徳太子とも縁が深い寺だ。

 四天王寺、善光寺とも仏教宗派が分かれる前に創建されたため、宗派に関係なく誰をも受け入れている。両寺とも女性参拝客が意外と多い。

 なにわの南、藤井寺の地に、小山善光寺がある。別名は元善光寺と呼ばれている。本田善幸卿がなにわの堀江から仏像を持って信濃へ、初めて泊まった場所がこの寺だったと伝えられている。
 いずれにしろ、なにわ大阪と信州長野は縁が濃い。

Img_4296_640x480

Img_4294_640x478

Img_4290_640x480_2

« JR帯解駅にて 2016.4.10 | トップページ | 参加申込者各位へ「4/16 AC長野パルセイロサポーターズなにわ初見参Welcomeの集い」 »

なにわ大阪」カテゴリの記事