« 2013年11月23日「二中PTAフェスティバル」に立ち寄って | トップページ | 薬師寺 「国宝東塔 水煙降臨展」 »

2015年12月 9日 (水)

「パストタイムズコンサート写真集」が届いて

Img_3543

 今年6月14日「大阪府立清水谷高等学校第24回卒業生 」のジャズコンサートがありました。同窓会のようなものです。

 その時の模様「パストタイムズコンサート写真集」が先日届きました。観させていただきました。実にすてきな写真集です。

   このような写真集を創り出し、当日の参加者に郵送配布するまでには、大変なご苦労があったと推察しております。心から御礼申し上げます。

Img_3544...

 かつてのクラスメートで嫌々ながらも38年連れ添ってくれている妻に、届いた写真集を見せました。「みんな元気そうやね!懐かしいねえ!」とその写真集を眺めていました。

 「俺っ、投稿した!載っているから!」と言うと「名まえが見えたから、読まずに飛ばしたった!読みたくないわ!」とつれないご返事であった。それもまたポリシーやね。

 ただ文章しか投稿していませんでしたが、「旧長野駅の社殿風の駅舎」「夜行急行ちくま号」「パルセイロスタジアム風景」「ソレステ応援風景」の写真を掲載していただいていました。

 紹介できないのが残念です。心配りにありがたいと思っています。感謝申し上げます。

 「マイ・バック・ページ~自分史の中での清水谷」というつたない文章を投稿しましたが、Face book、ブログに全文掲載することはないでしょう。

 幾人かの方々にはその投稿文を手渡しさせていただきました。ある阿呆の恥知らずな者の他愛ない想いだと受け止めて頂ければ幸いです。

その投稿文の結びだけを下記に掲載いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「少なくとも僕にとって、清水谷高校時代は確かに過去である。今一度、タイムマシンに乗ってその時代に戻りやり直すことはできない。ふたたびやって来るものでもない。だが、「郷愁」(ノスタルジー)の彼方へと消え去ったものでもない。

 今の僕にとって、・・・・・・・日頃の感じ思い考え方のすべての原点(ルーツ)は、あの頃の清水谷高校時代での雰囲気と個性的な仲間たちとの出会いの「場」と「時」にあるのだと確信している。

 人からなんと言われようが、今もなおその時代に得たかけがえのない大切なものは僕の心の中にある。またこれからもあり続けるだろう。永遠に消え去ることもなく。

 同級生の男子・女子生徒、皆様方のさらなるお幸せを心から願い、ささやかな「マイ・バック・ぺージ」とする。
   2015.11.12 奈良市二名春日の自宅にて

« 2013年11月23日「二中PTAフェスティバル」に立ち寄って | トップページ | 薬師寺 「国宝東塔 水煙降臨展」 »

モノローグ」カテゴリの記事