« 奈良市立二名小学校校舎 2015.11.12 | トップページ | 「たんぽぽレストラン接客練習」&「なわとびタイム」を参観して »

2015年11月13日 (金)

恥ずかしながら、投稿文「マイ・バック・ページ」を書き終えて~

Img_3359_640x504

 高校卒業アルバムの写真です。以前に依頼されていた投稿文を書き終えて、昨日、メールで送付させていただきました。

 A4サイズ5枚程度で字数は6,000字程度でしょうか。読みかえしても恥ずかしい雑文だなあと自覚しています。

 誤字脱字が多いのかもしれません。訂正・削除等の編集は依頼いただいた仲間にすべておまかせします。

 書きしるしていて、45年前のいろいろなことを思い出して心が痛かった。でも、振り返ることができてよかったかなあ!?

 全文は長くて掲載できませんが、冒頭文だけ、ちょっと記念に掲載しておきます。

Img_3360_640x473

Img_3361_640x480

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「マイ・バック・ページ~自分史の中での清水谷」(冒頭文)

 1969年2月、公立高校受験申込みを控えたある日、大阪市立玉津中学校の担任の先生に、「塚本!志望校を下見してきたらどうや?」と言われた。僕はそのことに意味があるかどうかなど深いことは考えなかったのだけれど、2月のある日、下見に出かけることにした。

 鶴橋から上六につながる千日前通りの坂道を登り一つ目の志望校へ、ちょっと正門から少し入って眺めた。そこから二つ目の志望校・清水谷高校へと向かった。

 ちょうど左手にグラウンド、右手にバルコニーが見えた。バルコニーから女子生徒がひとり西側のグラウンドを遠くから眺めていた。髪の長い可愛い女子生徒だった。

 気になってその姿を眺めていると、ふと風が吹いた。その時、女子生徒のスカートがパラソルのように広がった。いまだ季節は春でもなかったが、春風のようなものだろうか。「僕は、清水谷を受験する!」とその時に決めてしまった。

 後日、中学校担任と両親に「清水谷を受験する!」と伝えるとちょっと怪訝な顔をされたが、深く志望動機を聞かれることもなかった。あの女子生徒の「スカートのパラソル」が間違いなく、僕の「清水谷」へのはじまりだった。

« 奈良市立二名小学校校舎 2015.11.12 | トップページ | 「たんぽぽレストラン接客練習」&「なわとびタイム」を参観して »

モノローグ」カテゴリの記事