« 天皇杯サッカー 2回戦を観戦へ | トップページ | 「大垣むすびの神」 2015.8.14 »

2015年9月 4日 (金)

夏に読んだ本

Img_2078_640x572

 季節はもう秋ですね。戦争を知らない世代だから、毎年8月は「あの戦争」に関する本を多く読んでしまいます。

 それぞれの本は興味深いものでした。知らないこと、曲解していたことがたくさんありました。

  歴史を振り返ると世界中のどこかで戦争が起こっています。そのたびに戦闘員のみならず多くの人たちが亡くなり、そのあとに残された人たちには悲しみが襲ってきます。

戦争はそれが正義の御旗を立てたとしても、必ず悲しみを生みだすものです。多くの人たちはそのことを理解しつつ、それでも戦争は、今も世界のどこかで生じています。

人間て崇高な生きものなのか、愚かな生きものんおだろうかと、考えさせられます。

« 天皇杯サッカー 2回戦を観戦へ | トップページ | 「大垣むすびの神」 2015.8.14 »

図書室」カテゴリの記事