« 今日の朝刊!AC長野パルセイロのホームスタジアムの写真が・・・・・ | トップページ | 「グレイフル・デッド」のレコードジャケットを眺めて »

2015年3月 6日 (金)

ジャニス・ジョプリン「ミー・アンド・ボビー・マギー」を聴いて

 「ロードムービー」ていいですよね!「イージーライダー」「スケアクロウ」「フーテンの寅さん」また「ロードソング」もいいね!

  1970年、27歳で逝ったジャニス・ジョプリンが歌った「ミー・アンド・ボビー・マギー」この歌は自分自身では「ロードソング」だと思っています。実に大好き!

 その歌の歌詞は、
・・・・・・・・・・・
バトン・ルージュで破産して一文無し鉄道の方へ向かう 
自分のはいているジーンズのように色褪せた気分だった 
雨が降り出す寸前に ボビーがディーゼル車をヒッチハイクし
私たちはニュー・オーリンズまでずっと乗せてもらった
私は薄汚れた真っ赤なバンダナの中からハーモニカを取り出し
ボビーが歌うブルースに合わせて悲しげに吹いた
それらとともに車のワイパーがリズムを叩き ボビーが手拍子を打つ 
結局私たちは運転手の知ってる曲を全て歌い終えてしまった
自由という言葉は言い換えると、失うものが何も残っていない という意味なのよね
・・・・・・・・・・・・

61歳の今、なぜ40年以上前の歌を思い出すのでしょうか?
確かに昔、ジャニスのレコードをよく聞いていたなあ、そのレコードもどこかへ行っちゃった。この歌は色んなシンガーがカバーしています。初めてこの曲を聞いたのは、1970年代初め、アメリカのロックバンド「グレートフルデッド」の二枚組ライブレコードでしたなあ!そのとき、いいなあ!と思った。いや、今も変わらない。

「ジャニス・ジョプリン「ミー・アンド・ボビー・マギー」 You tube サイト

« 今日の朝刊!AC長野パルセイロのホームスタジアムの写真が・・・・・ | トップページ | 「グレイフル・デッド」のレコードジャケットを眺めて »

音楽」カテゴリの記事