« 湖北・渡岸寺観音堂を詣でて | トップページ | 渡岸寺(滋賀)ご朱印 2015.3.1 »

2015年3月 1日 (日)

湖北・渡岸寺観音堂「国宝十一面観音立像」を拝顔して

Img_0002_446x640 
 3月1日(日)午後、十年ぶり五度目、湖北・高月(たかつき)にある渡岸寺の国宝十一面観音立像の御姿を拝顔しました。信仰心も薄く仏像に詳しくもなく数多く拝顔してはいないのですが、この十一面観音立像が、今まで拝顔した仏像の中で一番大好きです。

 25年以上前、職場の慰安旅行で偶然にこの十一面観音像を拝顔する機会がありました。それまで仏像なんか興味ない!などと思っていたのですが、その美しさに一瞬にして惹かれました。後日、国宝の十一面観音立像の中でも最高傑作、白眉であるということを知りました。


 今日、国宝十一面観音立像を、まずは時計回りに次は逆時計回りにゆっくりと拝顔させていただきました。いずれからの御姿も実に美しい。女人の御姿をした観音様です。


 滋賀・湖北の地を巡られることがあったならば、是非ともJR北陸本線・高月駅下車徒歩5分の渡岸寺観音堂へ立ち寄られたらいかかでしょうか。稀有な美しさをもった国宝十一面観音立像に出会うことができます。

« 湖北・渡岸寺観音堂を詣でて | トップページ | 渡岸寺(滋賀)ご朱印 2015.3.1 »

寺社史跡めぐり(その他)」カテゴリの記事