« 興福寺水子地蔵 2014.4.20 | トップページ | ディアブロッサ奈良 ドロー! 対京都紫光~関西サッカーリーグ2014(第3節4/27) »

2014年4月27日 (日)

大衆酒場で、すてきな「絵描き」にお会いして



 4月25日(金)夜、JR森ノ宮駅南口から徒歩20歩の「酔楽」で呑んだ。どたばたと風体の変わった三人の壮年男が入ってきてカウンター席の隣に座った。初対面だった。端に座ったひとりの男が、バッグから絵がプリントされた紙を取り出して連れと話しだした。夜の酒場を描いた絵だった。「路地」という文字が見えた。なかなか魅惑的な絵だった。

 夜の酒場をめぐりながら絵を書いているという。ひとりで連れにしゃべりだした。「西岡たかしは鶴橋に住んでたんや!」連れの男は無関心だった。二人の男をはさんで端...からちょっかいを出してしまった。「“五つの赤い風船”の西岡たかし?」「よう知ってんなあ!」 突然にその男は「♪遠い世界に旅にでようか それとも赤い風船に乗って♪」と歌いだした。

 その男は連れの男に「むかし、同じ西岡やけど西岡きょうぞうというのがいてなあ!」連れの男はまたも無関心だった。「西岡きょうぞうって?“ディランⅡ”の?」と聞くと「よう知ってんなあ!」 すぐに「♪俺のあんこはタバコが好きで♪」と歌いだした。「それ、“プカプカ”やんか!」「なんでそんなに知ってんねん?」と聞くので「ちょっとだけや!」と答えた。

 先においとました。帰り際、その男はバッグから筆ぺんを出して書き、そのはがきをプレゼントしてくれた。「秋にまた個展をするから見に来てよ!」「ああ、行くよ!」と答えた。袖触れ合うも多少の縁か。

« 興福寺水子地蔵 2014.4.20 | トップページ | ディアブロッサ奈良 ドロー! 対京都紫光~関西サッカーリーグ2014(第3節4/27) »

なにわ大阪」カテゴリの記事