« 大阪市立玉津中学校(昭和43年・1969年卒)第20期生の同窓会へ出席して 2013.11.17 | トップページ | 街は、もうクリスマス気分!~大阪・日本橋 2013.11.21 »

2013年11月20日 (水)

AC長野パルセイロ 惜しくも敗れる! 対横浜F・マリノス~第93回天皇杯サッカー4回戦 2013.11.20

第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会

【4回戦】

11/20(水)日産スタジアム

横浜F・マリノス 2-1 AC長野パルセイロ
(1-1/0-0/延長/1-0/0-0)

  19:00過ぎ、仕事帰りの奈良行き快速急行の中、「JFLモバイルサイト」で戦況を確認していた。19:30、自宅最寄り駅で電車を降りる時、前半30分頃だろうか、0-0であることを確認した。

 駅前のロータリーから急いでタクシーに乗って自宅へと向かった。車内で今一度、確認すると、横浜F・マリノス 1-0 AC長野パルセイロとなっていた。

  自宅のドアを開けて居間に入った。妻がすでにテレビ観戦していた。ふと見ると1-1だった。「あれっ?」とつぶやくと、「1点入れられて、そのあとすぐに返して追いついた!」という。

 後半から息子もやってきた。ゆっくりと妻と息子といっしょにテレビ観戦した。ポゼッションは横浜F・マリノスが優位だった。当たり前のことで、横浜F・マリノスは現在のJ1の雄なのだから。

 AC長野パルセイロとしてはしっかりと守備をして、数少ないチャンスをものにできるかなどと、心の中でつぶやきながらテレビ観戦していた。

  JFLのAC長野パルセイロは、J1の雄の横浜F・マリノスに対して前後半を1-1で終えた。延長戦へと突入した。それだけでも素直に凄いと思うと同時に興奮していた。

  延長前半に、横浜F・マリノスが追加点を奪った。そのままか、崩れて敗れ去ることを心配したが杞憂だった。

  延長後半、チャレンジャーとして果敢に攻め込んでの決定的なチャンスも幾度かあった。延長後半2分、相手陣内右サイドからの攻撃は、確かにJ1クラブに対して崩したという場面だった。残念ながら追いつくことはできなかった。

でも、 延長後半のプレーの中に、来春、「J3」へ参入するAC長野パルセイロの大いなる希望を観た。

「AC長野パルセイロ」公式サイト

AC長野パルセイロ スペシャルリンクス」Webサイト

« 大阪市立玉津中学校(昭和43年・1969年卒)第20期生の同窓会へ出席して 2013.11.17 | トップページ | 街は、もうクリスマス気分!~大阪・日本橋 2013.11.21 »

パルセイロ」カテゴリの記事