« 二名小学校運動会へと出かけて 2013.9.28 | トップページ | 直島「地中美術館」にて 2013.9.16 »

2013年9月29日 (日)

秋の日に、2013.9.28

021_640x427_640x427_2

  9月28日(土)朝、二名小学校運動会へと出かけた。昼前にその楽しい場をあとにして、富雄駅近くの診療所へ出向いた。自慢するほどの、いや第三者から見れば笑われるだろうが、春先から診療科目が違う三枚の診察券を持っている。

  ただ、定期的、継続的に「診療所へと行きたい!」という強烈なモチベーションは湧かずにいる。その日、富雄駅近くの診療所へ出かけた。「ちゃんと薬を呑んで、診察に来なければ!」とお医者さんに怒られてしまった。心の中でつぶやいていた。「モチベーションが湧かないんだもの~!」と。

  診察を終えて、自宅へと戻ろうと思った。だが、駅近くであったので、「東大寺二月堂へと行ってみるか!」 まあ遠回りして自宅へ帰ろうなどというモチベーションが湧いた。近鉄電車に乗って奈良駅まで出た。

034_640x427_640x427

  近鉄奈良駅近くの店でささやかな昼食を摂った。体調悪く奈良駅から、「二月堂近くまで!」と、初めてタクシーで二月堂をめざした。知らなかったのだが、二月堂近くまでと言ったのに、二月堂回廊の眼下まで車をつけていただいた。

 初めて知った。タクシーならば、駅から二月堂まで労せずにして行くことができる。ご老人、お体が不自由な方も、気軽に二月堂へと参拝できるのだ。タクシー料金は1,000円だった。

039_640x427_640x427

035_640x427_640x427

  「お水取り」で有名な二月堂へと上り、西の方角を見た。大仏殿の屋根の彼方に生駒山が見えた。二月堂は、奈良市内での大好きなスポットのひとつだ。「好き!」ということは、「行ってみよう!」というモチベーションを喚起させる。

  多くの外国の方々が来られていたことに、素直に驚いた。「お水取り」「二月堂」もまた外国の観光ガイドブックに紹介されているのだろうか。

040_640x427_640x427

  法華堂(三月堂)は長らく修理事業のため拝観できなかったが、今年の春から拝観再開された。迷わずに、東大寺最古の建物、法華堂を拝観した。

  本尊「不空羂索観音菩薩像」(ふくうけんさくかんのんぼさつぞう)を中心に合計10体の奈良時代の国宝仏像を拝顔した。約1,300年近く前の人々の祈りと願いが詰まった空間だった。

  二月堂、法華堂(三月堂」から二月堂裏参道を下り、東大寺大仏殿、表参道、鴎外門を経て興福寺へとゆっくりと歩いた。

050_640x427_640x427

  興福寺境内を散策して、五重塔・東金堂前でたたずんでいた。ほと脳裏をよぎった。前近代的なものとして、社寺を参拝し「祈り」「願う」という行為は、見捨てられようとしていたのかもしれないが、老いも若きも人々の中に根強く生き続けている。それもまた現実であると。

 





« 二名小学校運動会へと出かけて 2013.9.28 | トップページ | 直島「地中美術館」にて 2013.9.16 »

モノローグ」カテゴリの記事