« ブログアクセス解析 2013.1.5 | トップページ | 安倍朱美 創作人形展 「昭和の家族~きずな」を観て »

2013年1月 5日 (土)

「今日の検査結果は諦めてください!」と・・・・・



  1/4(金)朝、大阪中央区堺筋本町近くの健康管理センターへ、管理検診を受けるために出かけた。採血のため部屋に入った。借りてきた猫のように静かに座った。一瞬に病人のような気分になった。

  看護士さんが聞いた。「お正月はゆっくりと過ごしましたか? お酒はあまり飲まなかったでしょうね?」 「あのぉ~、ちょっと飲みました」と、正直半分、嘘半分で答えた。即座に、「正月明けで、検査数値はおそらく高いでしょう。今日の検査結果は諦めてください!」と看護士さんは言った。

  「箱根駅伝」では有力選手を往路に起用することが多いが。それに類したものとして、要注意人物を、正月明け検査はじめの検査数値が上がりやすい最悪区間にエントリーされたようなものだ。

  「病院へは行きましたか?」と看護士さんが聞くので、「風邪で、ちょっとだけ」と答えた。「ちゃんと、診てもらわないとだめですよ!」と優しい声音が少しきつく変わった。「はい、わかりました!」と従順に答えた。罠にかかったキツネやタヌキのようなものだった。

  管理検診を終えて、地下鉄堺筋本町駅へ出る途中、「本町橋」の西たもとにある珈琲店「濱田屋」へ入った。おおむね年三回程度、健康管理センターからの帰りに立ち寄り、コーヒーを飲む。店内はクラッシック音楽流れ、素敵な絵が飾られていて落ち着いた雰囲気だ。

  「濱田屋」で熱いコーヒーを飲んでのち、看護士さんの言葉を、少し肝に銘じながら、仕事はじめのため、地下鉄堺筋本町駅へと向かった。




 

« ブログアクセス解析 2013.1.5 | トップページ | 安倍朱美 創作人形展 「昭和の家族~きずな」を観て »

モノローグ」カテゴリの記事