« 「ふるさとの 訛なつかし・・・」(石川啄木) 上野駅15番線ホームへ 2013.1.19 | トップページ | 彫刻家・朝倉文夫「三相 智情意」を、上野駅で偶然に観て 2013.1.19 »

2013年1月23日 (水)

「ひととき」 2013.1.22

 1/22(火)6:00起床、天気は雨だった。迷いながらも、7:30に車で、奈良県宇陀市の室生寺、大野寺へ、帰りに桜井市の聖林寺へと出かけることにした。

 9:00過ぎに女人高野・室生寺に着いた頃も、まだ雨が降り続いていた。それにもかかわらず、朝早くから幾人かの参拝者に出会った。冬の雨の日、雪が少し残る境内は、静けさに包まれていた。その風景もまた趣があった。

  室生寺から、山を降りて、大野寺へ立ち寄った。ただ、寺の方がいらっしゃらなかったので、参拝料を入口の箱に入れて境内に入った。川岸の断崖に立つ磨崖仏を拝顔した。

 大野寺から桜井市の聖林寺を訪れた。国宝・十一面観音像と対面した。薄暗い観音堂の中で、その仏像と二人きりであった。観音像に見つめられているようで落ち着かず、ちょっと気恥ずかしい気持ちが湧いた。

  昼過ぎに聖林寺を出て、15:00頃に自宅へと帰った。天気があまり芳しくなく、夕暮れ時から夜まで、自宅で時を過ごした。


« 「ふるさとの 訛なつかし・・・」(石川啄木) 上野駅15番線ホームへ 2013.1.19 | トップページ | 彫刻家・朝倉文夫「三相 智情意」を、上野駅で偶然に観て 2013.1.19 »

モノローグ」カテゴリの記事