« 再検査「検診成績表」が届いて | トップページ | 3/21 観光特急「しまかぜ」デビュー!~近畿日本鉄道 »

2013年1月31日 (木)

「善光寺」(長野)ご朱印 2012.12.16

Img_2759_480x640_5

Img_2760_453x640_5

左:ご本尊「一光三尊阿弥陀如来」の印。ご朱印帳を購入した折に、すでに押していただいていた。
右:善光寺本堂のご朱印

「遠くとも一度はまいれ善光寺」という。古くから「善光寺さん」と呼ばれ親しまれてきた。そこには、芭蕉が「月影や 四門四宗も 只一ツ」と詠ったように、宗派を問わず、一切の者たちを優しく受け入れ、また、幾たびの火災にあっても、時の権力でなく民衆の力で復興してきた稀有な寺だ。

  初めて善光寺を訪れたのは、17歳の夏だった。二度目は、その年の秋だった。遠いとおい昔ではあるが、その寺の心地よい印象は今も記憶に残っている。なんの因果か、縁か、42年後、その寺で、初めてご朱印をいただいた。何かが新たに始まってゆく。

「善光寺」公式サイト

« 再検査「検診成績表」が届いて | トップページ | 3/21 観光特急「しまかぜ」デビュー!~近畿日本鉄道 »

ご朱印(寺院)」カテゴリの記事