« 淡路島へと随行する前夜に | トップページ | 2012.11.24 ソレステU-12 ピッチシーンin 淡路交流合宿 »

2012年11月24日 (土)

2012.11.23  「国立淡路青少年交流の)家」にやって来た!

008_2

009_2

 11/23(金・祝)13時に、奈良・二名公民館前を出発した。渋滞もなく、スムーズな走行で明石大橋を渡り、淡路SAで休憩してのちに、16時頃に「国立淡路青少年交流の家」へ到着した。

 子どもたちは、まず部屋に荷物をいれてのち、夕べのつどいに参加した。今晩は約280名ほどの子どもたちが宿泊するという。楽しく有意義な二泊三日の宿泊体験の始まりだ。

011

 17時50分に夕食だった。食事はバイキング形式で、料理は美味しかった。不思議と自宅にいるときよりも食欲が湧いた。

 夕食後、19時から体育館で交流会が行われた。ハンドボールで一時間程度、子どもたちは遊び戯れた。ゲーム前、コンダクター(指揮者)の指示に、子どもたちは耳を傾けていた。まるで、コンサートを目前に控えての第一バイオリンパートの最終練習のような光景だった。

013

 「一番風呂争奪カップ」のミニハンドボール大会が行われた。サッカーのゲームを見ている以上に、刺激的で興奮した。わがソレステは「一番風呂」を獲得した。子どもたちは、サッカーをしている時よりも躍動感に溢れて楽しそうであった。

 眼前で動きまわっている子どもたちは、「ソレステハンドボールクラブ」なのではないだろうか? 活き活きしていた。ふと、妄想が脳裏をよぎった 「ハンドボールで目指せ、全国へ」と。

014

 子どもたちは、体育館での交流会を終えて風呂に入り、フリータイムののちに22時30分に就寝した。おそらく、子どもたちにとって、好日であったろう。

« 淡路島へと随行する前夜に | トップページ | 2012.11.24 ソレステU-12 ピッチシーンin 淡路交流合宿 »

ソレステレージャ」カテゴリの記事