« 「ラガーコース」を登り、湯郷の町を見下ろして | トップページ | 美作大学 2012イルミネーション点灯式を思い描いて »

2012年11月21日 (水)

居酒屋で「祝い話」を聞きながら

 11/21(水)夜、仕事帰りに鶴橋駅で降りて居酒屋へ入った。カウンターに座った。生ビールと料理を注文した。しばらくすると、男女のカップルと、もうひとりの男性の三人組の話し声が聞こえてきた。意図的に聞こうとは思わなかったのだが、自然に聞こえてきた。

 「来年の春やな!ホンマに結婚するんやな!せいへんかったら、怒るぞ!」と連れの男は男女のカップルに向って言い放っていた。続けて、「するんやったら、会費制がええ、みんなに声かけて集めるから!」と。

 カップルの男女は、見つめ合った。男性はビールのグラスを傾けながら恥ずかしそうに相手の女性を見た。女性は初々しいまなざしで、焼酎を呑みながら相手の男性を流し目で見た。微笑ましい「祝い話」の光景だった。

 来春に二人は一緒になるのだろう。その二人がどこで生まれ育ち、どのように知り合ったのかなどの過去を知ることもない。ただ、二人の幸せそうな表情を横目で見ながら、焼酎のお湯割を呑みホットした心地よい気分でいた。

 少なくとも、59歳である私よりも年上であろうお二人のご多幸を心より祈る。



« 「ラガーコース」を登り、湯郷の町を見下ろして | トップページ | 美作大学 2012イルミネーション点灯式を思い描いて »

うぶすな鶴橋」カテゴリの記事