« ベスト8決まる!~第48回全国社会人サッカー選手権大会 | トップページ | 「第31回二名カップ」の日の空 と、大切な言の葉 2012.10.13・14 »

2012年10月14日 (日)

AC長野パルセイロ 如是姫の御手 辛くもドロー!~10/14(日)JFL第29節 対SAGAWA SHIGA

2012616_100

 10/14(日)JFL(日本フットボールリーグ)第29節

南長野運動公園総合球技場 
天候:曇り 気温:25.6℃
観客数:3,906人

AC長野パルセイロ 2-2 SAGAWA SHIGA
(前半0-0/後半2-2)

(得点)
69分 SAGAWA
78分 パルセイロ
88分 SAGAWA
90+3分 オウンゴール

 本日、第29節のゲームを「JFLモバイルサイト」で確認した。AC長野パルセイロは、辛くも、強豪・SAGWA SHIGA FCに引き分けた。そのサイトで経過を閲覧していたが、正直に言えば、「負けた!」と思った。

 恐らく、誰もが同様な思いを抱いたであろう。でも、。「劇的な勝利」であれば最高であろうが、「劇的な引分け」となった。それはそれでまた最高だ。負けずに引分けとなり、勝ち点「1」を得たのだから。

 南長野での観客数3,906人は過去最多観客数だという。その光景を垣間見て、「如是姫の御手」が最後の最後に、AC長野パルセイロに手を差し伸べたのだろうか?

 首位のV・ファーレン長崎は勝ち点59、第2位のAC長野パルセイロは勝ち点54。勝ち点差は5と、優勝するには厳しい状況となったが、前季、今季と上位に位置していることは、まず、それだけで、個人的には満足している。素直に喜んでいるのだ!

 AC長野パルセイロをイメージした時に、いつも、「善光寺」と「如是姫」が浮かんでくる。それはなぜなのだろうか?明確にかつ論理的には表現できないのだが、そう思い続けている。今日は、「如是姫の御手」が、AC長野パルセイロへ、辛くも「ドロー」へと手を差し伸べたのだ。

 

« ベスト8決まる!~第48回全国社会人サッカー選手権大会 | トップページ | 「第31回二名カップ」の日の空 と、大切な言の葉 2012.10.13・14 »

パルセイロ」カテゴリの記事