« 墓参りに出かけて~三笠霊園 | トップページ | 奈良育英・一条・奈良北 3回戦へ~第91回全国高校サッカー選手権奈良大会 »

2012年10月21日 (日)

いざ、「箱根駅伝」へ~10/20(土)予選会終わる

 10/20(土)、第89回東京箱根間往復大学駅伝競争予選会が行われた。トップ日体大、帝京大、中央学院大、大東大、上武大、神奈川大、日大、法大、東農大が箱根駅伝の本大会出場を決めた。

 シード校10校、東洋大、駒沢大、明治大、早稲田大、青山学院大、城西大、順天堂大、中央大、山梨学院大、国学院大と、予選会を勝ち抜いた上記の9校に、関東学連選抜を加えた20校が本大会に参加する。

 残念ながら、名門・東海大は、厳しい予選会を勝ち抜くことができずに、連続出場40回で途絶えた。

【予選会総合成績】
①日体大 10時間4分47秒
②帝京大 10時間8分5秒
③中央学院大 10時間9分54秒
④大東大 10時間10分13秒
⑤上武大 10時間10分42秒
⑥神奈川大 10時間11分27秒

⑦日大 10時間8分55秒(3分55秒)
⑧法大 10時間10分37秒(3分0秒)
⑨東農大 10時間10分41秒(2分5秒)

(予選会選考方法)
 各校12人まで出場できる。上位10人の合計タイムで競う。総合6位までを合計タイム順に決定する。7~9位は、関東学生対校選手権(インカレ)の成績や選手エントリー数によるポイントをタイムに換算し、それを差し引いたタイムで決める。

 今や、正月の風物詩となった「箱根駅伝」の全出場校が決定した。正月の本大会を楽しみにしている。

 本大会という過酷でありながらも華やかな檜舞台をめざして、昨日行われた予選会に出場し力走した選手たちがいた。所属大学の幟(のぼり)が立ち、声援の中を魂走しながらも、箱根駅伝への出場権を得ることが出来なかった多くの選手たちがいるのだろう。

 10/21(日)読売新聞朝刊で掲載されていた「箱根駅伝出場を目指して予選会を走る選手たち」の写真を見た。一生懸命に前を向いて走っている。結果は出てしまった。

 予選会が終わった夜、屈辱、不甲斐なさで自虐的になった選手たちもいたかもしれない。それでも、彼らは前を向いて走り続けていくのだろう。

「箱根駅伝」公式サイト

« 墓参りに出かけて~三笠霊園 | トップページ | 奈良育英・一条・奈良北 3回戦へ~第91回全国高校サッカー選手権奈良大会 »

駅伝」カテゴリの記事