« いつものように、「Tasty Cafe 」を飲みながら | トップページ | 近鉄富雄駅前の居酒屋の前を通ると »

2012年9月15日 (土)

大津名物「三井寺力餅」を食べて

 9/13(木)夜、名神高速道・草津PAにいた。PA内の店の中をうろついていた。すると、あるものが目に入った。「創業明治二年 大津名物 三井寺力餅」とあった。甘いものには目がない性向から、すぐさまその品を手に取りレジへと向かい、財布から千円札を出して、お土産代わりに買った。

 その夜、自宅へ帰還してから、夕食後、妻にその品をわたした。包装紙を開けると、いっぱいのきな粉の中に、串さされた濃い緑の小さな餅があった。妻はひと串を食べだした。その表情が微妙に変わった。なにか味わうような神妙な面持ちだった。

 妻の口から「これは、おいいしい!」と言葉が漏れた。それに促されてひと串をほおばった。実に独特な味わいがあった。私もまた妻同様に、「おいしいなあ!」とつぶやいた。偶然にも初めて、大津名物「三井寺力餅」を食べた。みつときな粉で味付けされた絶妙な風味だった。また、買って食べよう!

 「三井寺力餅本家」Webサイト



« いつものように、「Tasty Cafe 」を飲みながら | トップページ | 近鉄富雄駅前の居酒屋の前を通ると »

モノローグ」カテゴリの記事