« 若狭の海と空 2012.8.18~19 | トップページ | 二名春日の朝 2012.8.25 »

2012年8月25日 (土)

「大阪市青少年活動リーダースクール」を思い出して

Photo_2 8/19(日)午後、「国立若狭湾青少年自然の家」で、ひとりの男性と立ち話をした。一般募集した約100名の子どもたちを二泊三日の予定で引率してきたという。子どもたち同士は、その日が初対面だったようだ。

 それもまた楽しいだろうな思いながら、その男性の所属を確認した。偶然にも、「一般財団法人大阪市青少年活動協会」の方だった。彼に話さなくてもよいのにと思いながらも自然と言葉が流れ出た。

 じつは、今から22年前、37歳だった時、その協会が主催する「大阪市青少年リーダースクール」を受講した。平日の夜に開催されていた。その日だけは職場を早く終わらせてもらい、森之宮にある中央青少年会館へ出かけた。また幾度か信太山・伊賀の施設に宿泊した。あの頃は若かった。意義があった等の旨を話した。

 彼もまた平成の始めにそのスクールを受講したと聞いた。同様に修了生だったのだ。立ち話をしながら、ふとなつかしい気分になった。もし、あのスクールを受講していなかったならば、私は別の人生を歩んだかもしれない。37歳、大きな曲がり角だったと今は思う。

 22年前に「大阪市青少年活動リーダースクール」を受講した。そのスクールを受講していなかったならば、おそらく、今、子どもたちをこの若狭の地まで連れてくることもなかっただろう。確かに、個人的にあのスクールは意義があった。懐かしい。等の旨を協会の上司の人に話して欲しいと、彼に伝えた。

 今年の夏、ソレステの同年輩の指導者の一人に、若狭へと一緒に行って欲しいと頼み込んだ。その人もまた、「大阪市青少年活動リーダースクール」の修了生だ。

 8/19(日)午後、若狭湾国立青少年自然の家において、偶然、一瞬であったとしても、「大阪市青少年活動リーダースクール」修了生Dayだった。人生は交差点(スクランブル)の連続だ。

「一般財団法人大阪市青少年活動協会」公式サイト

« 若狭の海と空 2012.8.18~19 | トップページ | 二名春日の朝 2012.8.25 »

モノローグ」カテゴリの記事