« 夕暮れどきの比売許曾神社 | トップページ | 二名春日の空 2012.8.6 »

2012年8月 5日 (日)

なぜ、「黄色のくだもの」が、駅の片隅に?



 8/3(金)夜、ほろ酔い気分の中で、自宅最寄駅の近鉄富雄駅ホームに降り立った。不思議と僕の眼は、イエローとオレンジの色彩に微妙と反応する。

 なんだこれは? グレープフルーツ? ザボン? 解らない。手に取ることもなく眺めまわしていた。なぜにここに?という思いが、ふと脳裏の中を駆巡っていた。

 落し物なのか、忘れものなのか、それとも、誰かが意図的に、モダンアートの如くそのスペースに置いたのだろうか、ことの事実は解らない。

 週末の夜、その「黄色のくだもの」のことが気になりながら、奈良行き準急のテールランプを見送った。

« 夕暮れどきの比売許曾神社 | トップページ | 二名春日の空 2012.8.6 »

モノローグ」カテゴリの記事