« 勝場は神聖な・・・・・ | トップページ | なぜ、「黄色のくだもの」が、駅の片隅に? »

2012年8月 5日 (日)

夕暮れどきの比売許曾神社



 8/3(金)夜、JR鶴橋駅から徒歩5分、比売許曾神社(ひめこそじんじゃ)に立ち寄った。深い理由などはない。ただ、ちょっとした気まぐれだ。

 本殿の屋根に釣り下がる鈴を見上げ、傍らの蔵の紋様を見た。国宝、重要文化財などではないが、個人的な主観として趣があった。

 鶴橋という下町の喧騒の世界の傍らで、不思議な静寂の世界がそこにはあった。

« 勝場は神聖な・・・・・ | トップページ | なぜ、「黄色のくだもの」が、駅の片隅に? »

うぶすな鶴橋」カテゴリの記事