« 奈良クラブ 完敗! 対 FC大阪~7/29(日)全社関西予選Eブロック代表決定戦 | トップページ | 「奈良苑夏祭り」に出向いて 2012.7.29 »

2012年7月29日 (日)

奈良市・あやめ池在住のパルセイロファンに再会できて~7/29(日)橿原公苑陸上競技場

 7/29(日)橿原公苑陸上競技場で行われた、第48回全国社会人選手権大会関西予選Eブロック代表決定戦、奈良クラブ対FC大阪の一戦を、娘夫婦と孫とともに観戦した。

 メインスタンド、ハーフウェイライン近くの奈良クラブサイドの最上段近くに陣取り戦況を見つめた。前半は0-0でハーフタイムとなった。メインスタンド中央の屋根下の席を見ると、わが所属するクラブのサッカー観戦好きの重鎮がいた。後でと一声をかけて、飲み物を買うために一旦、場外に出た。

 再び場内に入り、わが重鎮にご挨拶をとメインスタンド中央の屋根下席へと出向いた。前半の戦況を少しダベリングした。「ぱっと、せえへんなあ!」というお互いの感想だった。

 すると、横に座っていた男性から、「つかもとさんですか?」と突然に話しかけられた。「以前にお会いしたのですが!」という言葉を聞いた途端に思い出した。「あやめ池の? パルセイロの?」と失礼にも確認した。間違いなかった。

 以前に長野市でお住まいで、奈良市あやめ池へと転居された。昨年の夏だったろうか、南長野でお会いした方だった。

 そうだ!あの夏の日に、あやめ池在住の方、生駒在住の方、そして、私の三人は、偶然にもAC長野パルセイロのゲームを観戦するために、それぞれがひとりで、奈良から南長野へと向かったのだ。2011年7月3日、JFL後期第1節、「信州ダービー」の日だった。

 合縁奇縁なのだろうか。わがクラブの重鎮の横で、その男性は偶然にも観戦されていた。もし、全く別の席であれば、声かけをしていただなければ、互いに気づかなかったかもしれない。

 自然と握手をするための手が伸びた。ふと、縁(えにし)を想いながら、彼の手の暖かさと人の良さを感じた。素直にしるす。刹那なりとも、奈良の地で再会できたことは喜びだ。今日、奈良クラブは敗退したが、私個人は別の意味で、「日々好日」であった。

 奈良市・あやめ池在住のAC長野パルセイロファンへ、心からご多幸をお祈り申し上げます!

・・・・・・・・・・

以前にブログにしるした記事を下記に再掲載する。

「7/3(日)朝 JR篠ノ井駅のホームに降り立つと」(2011.7.4)

 7/3(日)10:45 JR篠ノ井駅のホームに降り立った。ふと、右手を見ると、旧知の奈良・生駒に住む若い女性の笑顔があった。同じように、奈良から近鉄、新幹線、そして、「しなの3号」に乗ってやってきたのだ。

 シャトルバスで試合会場まで、ご一緒した。色々な話を聞かせていただいた。今季もよくパルセイロのゲームを観戦しているという。驚いたのは、奈良市の近鉄「あやめ池駅」から、パルセイロのゲームシャツを着た男性を見かけ、新幹線、「しなの3号」とも一緒だったと。

 偶然にも、その日、その朝、奈良からの道中が、車両は違えど三人一緒だった。「中山道膝栗毛」のようなものだ。(省略)

« 奈良クラブ 完敗! 対 FC大阪~7/29(日)全社関西予選Eブロック代表決定戦 | トップページ | 「奈良苑夏祭り」に出向いて 2012.7.29 »

パルセイロ」カテゴリの記事