« 初夏の信州・長野の町から帰って | トップページ | わが妻の誕生日を忘れて »

2012年6月18日 (月)

ホクト「きのこ音頭」を踊る姿を見て

055_2

054_2

056

053

 6/16(土)ゲーム前のイベントがあった。「ナチュラルムーブメント3-2-1」のダンスパフォ-マンスのあとに、「ホクト きのこ音頭」が披露された。楽しいパフォーマンスだった。一瞬、南長野のピッチが盆踊り会場になったようだった。きのこ、きのこ、と脳裏に刻まれた。

 6/18(月)夜、息子がわが家に夕食を食べにやってきた。長野へと出かけたことは、メールを通して情報が入っていた。ゲーム前のイベントで「ホクト きのこ音頭」の踊りを見たと伝えると、横合いから妻が、「ホクトて有名よ!ホクトのきのこ、きのこのホクトよ!きのこ業界では有名よ!」と。私はホクトという企業の業種を恥ずかしながら知らなかった。私の知らないことを妻は知っていることに、またも敗北感を抱いた。

 止めを指すように妻曰く、「行ったら負けると言うたのに! 死神が疫病神がついてるのよ!」と、追い打ちの言葉を聞いた。ダブルショック、トリプルショックだった。ひとり、「ホクト きのこ音頭」でも踊ろうか。

「ホクト産業株式会社」公式サイト

« 初夏の信州・長野の町から帰って | トップページ | わが妻の誕生日を忘れて »

パルセイロ」カテゴリの記事