« 奈良クラブ 対バンデイオンセ戦 後半20分から観戦してのち、つれづれなるままに | トップページ | 一条高校 県制覇 インターハイ( サッカー) へ »

2012年6月10日 (日)

「あなたのメルセデスが・・・・・」の広告文を見て、メルセデス・ソーサを

「Gracias a La Voda (人生よ、ありがとう」

 先週、新聞で輸入車販売会社のヤナセの広告で、「あなたの メルセデスが つねに、メルセデスであるために」というキャッチコピーを見た。

 そのコピーからアルゼンチンのフォルクローレの歌姫・メルセデス・ソーサ(1935~2009年)のことを思い出した。ちょうど私が大学生だった頃に二度(1975、1977年)ばかり来日している。

 その頃、アルゼンチンのもうひとりの歌姫・ヒナマリア・イダルゴのコンサートには二度出かけたのだが、メルセデス・ソーサのコンサートには行けなかった。それ以降、彼女の来日はない。

 フォルクローレの歌姫だ。民衆の歌を歌い続けた。1970年代後半、アルゼンチン軍事独裁下ではスペインへの亡命を余儀なくされたが、民主化ののち母国で歌い続けた。2009年彼女が逝去した時、国葬に近い告別式が行われたという。

 昨晩、以前に買った彼女の全40曲2枚組みの輸入盤音楽CDをBGMのように流して聴いた。悲哀・苦渋を受けながらも、大地に根をはり生き続けている民衆の叫びのような声が、心に染み入るように素敵だった。

« 奈良クラブ 対バンデイオンセ戦 後半20分から観戦してのち、つれづれなるままに | トップページ | 一条高校 県制覇 インターハイ( サッカー) へ »

音楽」カテゴリの記事