« 長野市南千歳辺りのショーウインドウを覗いて | トップページ | 「阿倍野だんご」を買って »

2011年12月13日 (火)

大阪・上本町にて



 今晩、大阪・上本町に所用があった。帰路、近鉄・大阪上本町駅の地下のベンチに座っていた。ふと、前を見ると、「上本町には、個性の彩りが イロイロあるから おもしろい」というコピーがあった。

 「上本町」いう町の名は個人的にはなじみが薄い。「上六」だ!と心の中でつぶやいていた。高校時代に此の町によく寄り道をした。今も、上本町には「個性の彩り」があるのだろう。でも、35年以上前の「シャンジャン横丁」があった時代の「上六」が大好きだった。そこは学生街だった。遠い昔の話だが。



 ホームのベンチに腰掛けながら、奈良行きの快速電車を待っていた。この写真の光景とは全く別に、この町の喫茶店「MJB」でジュークボックスで音楽を聴きながらコーヒー飲み、ジャンジャン横丁の「南海飯店」でギャーザ・ラーメンを食べた日々のことを思い出していた。

 時は移り時代は変わった。あれから35年以上が経った。ホームに立つ女性の後姿を垣間見ながら、あの頃と比べて、人間的に成長したのか堕落したのか、と自問していた。答えは出ない。

« 長野市南千歳辺りのショーウインドウを覗いて | トップページ | 「阿倍野だんご」を買って »

なにわ大阪」カテゴリの記事