« 仕事納めの夜 鶴橋「延羽の湯」にて | トップページ | 奈良育英 1回戦勝利 3-0 全国高校サッカー選手権 »

2011年12月30日 (金)

「鶴橋夜曲」2011.12.30

「鶴橋夜曲」2011.12.30

 鶴橋「延羽の湯」を出て町を歩いた。千日前通り沿いをJR鶴橋駅へ向かった。「情熱ホルモン」のきらびやかな看板が目に入った。

「鶴橋夜曲」2011.12.30

 近鉄・JR鶴橋駅西側の「焼肉横丁」だ。多くの焼肉店が軒を並べている。学生風の若者たちの集団やガイドブック片手の若い女性軍団が店前の呼び込みの声に、焼肉店の中へと入って行った光景を見た。

 最近、自分勝手に思うのだが、場末の町・鶴橋は、大阪でも「韓流」「アジア」の匂いを放つ「トレンディな町」なのかもしれないと。 

 近鉄・JR鶴橋駅東側は韓国料理・グッズのショップが立ち並ぶ。その東側は鮮魚店が多い。鶴橋と言えば「焼肉」「キムチ」が有名だが、「さかな」も新鮮だ。

「鶴橋夜曲」2011.12.30

 もうひとつ忘れてならないのが、「お好み焼き」だ。関西一円に店舗を有する鶴橋「風月」へ寄った。ここが鶴橋「風月」の本店、発祥の地だ。焼きそばを食べた。

「鶴橋風月」公式サイト

「鶴橋夜曲」2011.12.30

 「鶴のひろば」を通った。JR大阪環状線「鶴橋駅」の改札口前にある。何の変哲もない場所だ。コンクリート柱の上に鶴の絵と「鶴のひろば」という案内標識があるだけだ。ただ、個人的な愛着がある。そのくすんだ鶴の絵を見てから家路についた。

« 仕事納めの夜 鶴橋「延羽の湯」にて | トップページ | 奈良育英 1回戦勝利 3-0 全国高校サッカー選手権 »

うぶすな鶴橋」カテゴリの記事