« AC長野パルセイロ 連敗脱出 第2位へ浮上~JFL | トップページ | 「アンパンマン」が夢に出てきそうだ! »

2011年10月30日 (日)

ソレステU-12 健闘を讃える!~奈良県小学生サッカー大会

 10/30(日)「KINSHOカップ 奈良県小学生サッカー大会」準々決勝が新庄第一健民グランドで行われた。わがソレステジュニアU-12は、天理FCに対して、1-3で敗れたと、三重県桑名・長島温泉近くのアンパンマンミュージアム内で孫と戯れている時、12:08に携帯電話の一報で知った。準決勝進出はならなかった。

 今日のゲーム内容は観戦していないので、そのことをしるすつもりは毛頭ない。ただ、まずは、子どもたち、スタッフの健闘を讃えたい気持ちでいる。昨日に観戦したおりに、「積み重ね」が出来ているという印象をいだいた。

 子どもたちがサッカーを続けてきたこと、その間に多くの指導者・スタッフが関わったこと、カテゴリーが違うスタッフが渾身をこめて関わったこと、現チームのスタッフが日々、さまざまなことがあったろうが、根気よく関わりつづけたこと、保護者の熱心なサポートがあったこと。

 その中での「積み重ね」が子どもたちにとってのサッカーの技術・戦術はいわんや、内面的に今までよりは成長してきたその姿を垣間見た。

 ゲームの結果は敗れたとしても、今までの「積み重ね」すべてが敗れたわけでもないだろう。敗れることは日常茶飯事だ。敗れることから人は学ぶ。敗れることは未来へのスタートだ。ソレステU-12の子どもたち、スタッフ各位へ、今までの健闘を讃えての手向けとする。

« AC長野パルセイロ 連敗脱出 第2位へ浮上~JFL | トップページ | 「アンパンマン」が夢に出てきそうだ! »

ソレステレージャ」カテゴリの記事