« 人生の大きな区切りの夜に、薩摩「郷中教育」と会津「什の掟」を思い出して | トップページ | 鉄道の日記念「西日本一日乗り放題きっぷ」を買った! »

2011年10月 1日 (土)

「第10回桜華保育園うんどう会」にて 2011.10.1

20111001_012

 10/1(土)「第10回桜華(おうか)保育園うんどう会」が開催された。開会式で、平和の象徴である白い鳩が大空に舞い上がった。「大うんどう会」は始まった。乳幼児は日ごろの練習の成果を見せるべく一生懸命だった。

 上手にできたり、うまくいかなかったり、ということはあるが、それは大きな意味を持たない。この世に生を受け、生きていて、集まり、歩き、動き、微笑み、泣く。それだけでも最高の生のパフォーマンスだ。

20111001_015

 最後尾がわが孫の後ろ姿だ。よちよち、泣きながら歩いていた。今年もまた、曾おばあちゃんとおばあちゃんと母親に見守れながらのささやかな勇姿だった。

 劇作家・歌人の寺山修司は、「なみだは人間の作るいちばん小さな海です」また「なみだは、人間が持っているいちばん小さな宝石です」としるした。孫の小さななみだが大きな何かを産み出すことを願ってやまない。 

20111001_022

「桜華保育園」公式サイト

« 人生の大きな区切りの夜に、薩摩「郷中教育」と会津「什の掟」を思い出して | トップページ | 鉄道の日記念「西日本一日乗り放題きっぷ」を買った! »

二名(にみょう)」カテゴリの記事