« 爽やかな秋の朝に、その盾を | トップページ | AC長野パルセイロ 首位に肉迫~JFL »

2011年9月26日 (月)

今晩、「和泉庄」の名代大きんつばを

 今晩、信州飯田「和泉庄」の名代大きんつばを一個だけ食べた。綺麗な小箱があったので、たくさん食べることができるのかと思ったのだが、「一個だけ食べる?」と妻から声がかかった。味わい深くいただいた。実においしかった。素朴な味だ!

 あれ?と疑問が湧いた。箱には少なくとも八個ぐらいは入っていただろう。でも、なぜ一個しか食べることができないのか? もっと食べたい!と思いながら妻に聞いた。妻の母と娘におすそわけしたと言う。やむ得ないと納得しながらも、不完全燃焼だった。

 どうして、縁もゆかりもない信州飯田「和泉庄」の名代大きんつばを食べることができたのか? それは秘密である!

「信州飯田 和泉庄」公式サイト

« 爽やかな秋の朝に、その盾を | トップページ | AC長野パルセイロ 首位に肉迫~JFL »

モノローグ」カテゴリの記事