« 8/28(日)名古屋駅からは「のぞみ」自由席、京都駅からは「パルセイロ特急」 | トップページ | 再掲載 「フットボールの歴史」~FIFA創立100周年記念~ »

2011年9月 3日 (土)

「パルセイロキャップ」とCD「踊れ!、オレンジのダンスホール」

 8/28(日)アルウィンで、AC長野パルセイロのグッズを販売していた。存じ上げている社団法人長野市開発公社の方にお会いできた。握手をして挨拶をした。並んでいるグッズを眺めた。お目当てのものがあった。迷わずに購入した。

2011828_002

 新デザインの「パルセイロキャップ」(1,600円)だ。鮮やかなオレンジが際立っている。軽くて通気性も良い。かぶり心地もまた良い。

2011828_001

 最大のお目当ての商品があった。「SHIKI」が歌うパルセイロのイメージソング「踊れ!、オレンジのダンスホール」(1,000円)のCDだ。買っちゃった!!

「SHIKI」公式サイト

 アルウィンから帰って後、毎晩、就寝前に聞いている。なかなか乗りが良い音楽だ。だが今日からは、そのCDはわが愛車「セレナ」に搭載した。今日も台風が近づく中、車を走らせながら、「踊れ!オレンジのダンスホール」を聞いていた。

 アルゼンチン出身の偉大なるフットボール選手、アルフレッド・ディ・ステファノは、「フットボールとバレーには多くの共通点がある」という言葉をしるしている。現代的に言えば、「フットボール」と「ダンス」には多くの共通項があるのだ。

 「フットボール」を観戦していると、もし、そこにボールが存在しなければ、プレーヤーの動きは「ダンス」そのものだ。  舞えよ! 踊れ! 緑のピッチで。 AC長野パルセイロの「勝利の方程式」とは何か?

 勝ったり負けたりしながらも、AC長野パルセイロは、派手さはなくとも地道にその礎を築き、舞い上がることを切に願い祈り続ける。

« 8/28(日)名古屋駅からは「のぞみ」自由席、京都駅からは「パルセイロ特急」 | トップページ | 再掲載 「フットボールの歴史」~FIFA創立100周年記念~ »

パルセイロ」カテゴリの記事