« 「夏小僧の旅2011.8.20~21」~若狭湾青少年自然の家へ① | トップページ | 「夏小僧の旅2011.8.20~21」~若狭湾青少年自然の家へ③ »

2011年8月22日 (月)

「夏小僧の旅2011.8.20~21」~若狭湾青少年自然の家へ②

 8/21(日)6:00起床、7:00から「朝の集い」、雨天だったのでプレーホールに、宿泊者全員が参加した。各種団体が勢ぞろいした。それぞれの団体の子どもたちの代表がマイクを持ち皆の前で団体紹介をした。

 その中には、「若狭湾 海の自然学校」に参加した小学4~6年生の子どもたち約20名がいた。全国から集まり、その施設で8泊するという。長期間にわたり親元から離れて宿泊体験することは素敵なことだ。

2011820_050

 8/21(日)朝のプログラムは「リングリングゴルフ」だった。ゴルフのルールと同様に、起伏に富んだ山道をめぐり、ゴム製の輪(リング)を投げながら、ゴールへ輪を通すゲームだ。輪(リング)の色は、黄色(イエロー)、「ソレステカラー」 だった。雨天の中での活動となった。

2011820_051

 まずはホールNo.1スタートから、まずはそのホールのゴールを目指した。最後にこの棒の上に輪投げのように通す。その回数を楽しむ。ここは、「PAR5」。5回で到達しただろうか。順次6ホールの山道を巡る。

 先頭を歩いた。素直にしるせば、登山をしながらゴルフもどきをするようなものだ。ホールNo.4からNo.5へのジョイントは、長い急な階段が続いていた。息が切れた。苦痛だった。足と心臓が重かった、一瞬、白馬・穂高・槍ケ岳を登った時を思い出した。

 施設の玄関前へ戻った。子どもたちにとって過酷だったかなあ?と自分自身でつぶやいた。でも、子どもたちからは、「しんどい!」という声がなかった。子どもたちはおとなたちが思うほど「軟(やわ)」ではないのだろう。

2011820_046

 昼食を終えての午後のプログラムは、最大のお楽しみ「水泳」だ。天候は少し晴れ間も見え出した。しっかりと四隅にロープが張られたエリア内を遊泳する。少し沖には「いかだ」がある。いかだ」の上でのわがクラブの子どもたちの雄姿を、浜辺の高台で遠くから眺めていた。

2011820_044

 休憩タイム、オレンジのスーパーフロートにもたれかかり、しばしの緩やかで楽しそうなひととき。

2011820_016

2011820_012

 浜辺の上の高台から眺めた。子どもたちは実に楽しそうに、ボールと戯れる時と同じように、海と戯れていた。

2011820_049

 正面の半島の右側に、うっすらと丹後半島が見えた。波静かな浜だった。まるで、僕たちのプライベートビーチのようだった。安全で素敵なロケーションだった。子どもたちは生き生きとしていた。ここでもお父さんボランティアは大活躍で、また、その雄姿は素敵だった。(つづく)

« 「夏小僧の旅2011.8.20~21」~若狭湾青少年自然の家へ① | トップページ | 「夏小僧の旅2011.8.20~21」~若狭湾青少年自然の家へ③ »

ソレステレージャ」カテゴリの記事