« 奈良県中学総体(サッカー)試合結果 | トップページ | 女子(U-12)のゲームを観戦しながら、おばあちゃんと会話を交わして »

2011年7月31日 (日)

「はなのつる」の天丼を食べて~7/30大阪・堺NTCにて

2011730_011

 7/30(土)昼、大阪・堺市立サッカーナショナルトレーニングセンターにいた。移動販売車が来ていると場内アナウンスで案内があった。どのような食べ物を売っているのだろう?と興味が湧いた。 黄色(イエロー)の移動車に自然と足が向いた。

2011730_018

 「はなのつる」で天丼を注文した。えび、南京、木の葉等を揚げ始めた。出来るまで少し時間があったので、その移動車の店主の男性の話を聞いた。あまりイベントへは出かけずに近い場所で出店し、また学校へも出かけるという。

2011730_016


 車の左サイドドアの上に掲げられた絵に目が留まった。左上には「はなのつる」という題らしきものが、その下に天丼などの食べ物が描かれていた。右下には、恐らくその絵を描いたのだろうか?女の子の名がしるされていた。

 見ず知らずな人に話しかけるのが好きな変なおじさんは、迷惑も省みず、調理している最中の店主の男性に、何気なく聞いてみた。「この可愛い絵は誰が描かれたのですか?」と。「うちの娘です!」と答えていただいた。

 ああそうか。娘さんか? この可愛い黄色い移動車が気に入って、その車とお父さんのために、想いをこめて描いたのだという。可愛くて想いがこもった素敵な絵だった。

2011730_019

 揚げたてのえび、南京、木の葉等が乗った天丼が出来上がった。近くの場所に座っていただいた。あつあつで実に美味しかった。今まで、サッカー観戦の野外で天丼を食べたことがあっただろうか?と自問しながら、恥も外聞もなく、がつがつと箸を動かした。大満足だった。横を見れば、少し年齢が下の保護者らしき女性が天そばを同様に座りながら、おいしそうに食べていた。 

2011730_017

 食べ終えた容器を返した。「お冷やし阿倍野ぜんざい」という文字が見えた。どのようなぜんざいかを聞いてみた。阿倍野近辺では有名だそうだ。「ぜんざい」に弱い男は誘惑に駆られながらも、天丼を食べ終えたところに、またぜんざいなどを食べたなら笑止のさただ。強烈で愚鈍な理性がその誘惑を抑止した。今度にしよう!

 「はなのつる」は、毎週土・日に大阪・堺市立サッカーナショナルトレーニングセンターに出店しているという。メニューも豊富で価格も安価で味もよし。サッカーのプレー・観戦の少し小休止の合間に 娘さんがお父さんのために描いた絵が掲げられている「はなのつる」で、天丼・天そば、また「お冷やし阿倍野ぜんざい」などを食べてみてはどうだろう。可愛いい「黄色(イエロー)の移動車」も素敵だった。

« 奈良県中学総体(サッカー)試合結果 | トップページ | 女子(U-12)のゲームを観戦しながら、おばあちゃんと会話を交わして »

モノローグ」カテゴリの記事