« 「若狭・小浜」の大特集になってしまった! | トップページ | 7/3(日)「信州ダービー」第2戦へ »

2011年6月27日 (月)

「Happy Wedding」~新たなる幸せのときへ~

 6/26(日)午後、わがクラブのコア・スタッフ、石橋コーチの挙式・披露宴が「イリスウォーターテラスあやめ池」で行われ列席した。微笑ましく素敵な式・披露宴だった。若い二人が新たなる幸せを求めて旅立つ、晴れがましいセレモニーだった。僕の心の中にもすがすがしく、うきうきするような時を過ごさせていただいた。

Img_0005_3

 白いスーツとドレスの二人は、実に素敵だった。

Img_0015_2

 二人の笑顔は、よりいっそう僕の心の中を爽やかな風のように芳しい香りを運んできた。幸せの顔とは、このような笑顔に包まれるのだ。

Img_0019_2

 テーブルの上のウエーディングケーキを見た。サッカーのピッチそのものだ。このようなものを僕は初めて見た。「Happy Wedding HIROKI SACHIKO 2011.6.26」 心から幸せを祈る。

Img_0026_2

 素敵なFirstお色直しだった。ソレステレージャ奈良2002&まつぼっくり少年少女合唱団とも、クラブ・合唱団カラーは「Yellow」(黄色)なのだそうだ。

 一瞬、階段から、「Yellow」のゲームシャツのメッシと「サウンドオブミュージック」のジュリー・アンドリュースが舞い降りてきたのかと思った。個性的で素敵なお色直しだった。

Img_0034_2

 次に、新郎はダークスーツで渋さがひときわ際立った。新婦は赤を基調にしたどこか日本的な素敵な香りがするドレスだった。笑顔が実に素敵だった。


Img_0022_2

 まつぼっくり少年少女合唱団を後ろにした新郎新婦の記念写真だ。子どもたちも笑顔が満ち溢れていた。子どもたちに囲まれた新郎新婦はよりいっそうの笑顔を見せていた。

Img_0038_2

 新婦が子どもたちの合唱のドレス姿で指揮をした。子どもたちの歌う姿は喜びそのものだった。新婦もまた、子どもたちの歌を聞きながら、心の中で幸せの歌声が響いていただろう。

 実に微笑ましく素敵な挙式・披露宴だった。新郎・新婦の姿を垣間見ながら、自分自身もまた幸せな気分で時を過ごした。一生懸命に幸せを求めて生きていく姿は、人に幸せのプラスの連鎖が生じるのかもしれない。

 新ためて、アントワーヌ・ド・サンテグジュベリの「星の王子様」の一節、「大切なものは、目では見えないよ、心で捜さなくっちゃ!」という言葉を、お二人の門出へのお祝いの言葉とします。お二人に幸多かれと心から祈る。

※写真掲載についてはお二人のご了解をいただきました。

« 「若狭・小浜」の大特集になってしまった! | トップページ | 7/3(日)「信州ダービー」第2戦へ »

ソレステレージャ」カテゴリの記事