« 仏隆寺の素敵な二人 | トップページ | 「西安の森」へ »

2011年4月18日 (月)

「大成通」に縁ある方からメールをいただいて

 3/30(水) 「何時も、楽しい「うぶすな」執筆?日誌?を楽しく読ませて戴いている一読者です。と言うのも、私も大成通りの出身者だからです」という書き出しで始まるメールをいただいた。素直に正直にしるせば、めちゃくちゃ、メチャクチャに嬉しかった。

 その方は、1950年生まれだという。僕より三つ年上だ。あの時代、昭和30年代初めの「大成通」の時間と空間を過ごしていたのだ。もしかしたら、あの頃、あの路地で、地蔵盆の盆踊りで、はたまた、大成小学校の校庭で一緒に遊んでいたのかもしれない。僕は、そのメールを読んだ時、涙が出るほどに嬉しかった。

 メールをいただいた「大成通」に想いを抱く御貴兄ぼご健康とご健勝を心からお祈り申し上げます。

P.S. 僕は「大成通」を思い浮かべる時、この写真の情景が脳裏をよぎる。カメラの向こう側のおとなたちの笑顔が。

Photo
 

« 仏隆寺の素敵な二人 | トップページ | 「西安の森」へ »

うぶすな大成通」カテゴリの記事