« 賢治の詩が響く | トップページ | 夫の亡がら 100キロ離れた海で »

2011年4月 9日 (土)

「四季の森公園」にて

 4/3(土)夕刻、生駒市上町近くの飲食店へ妻・娘夫婦といっしょに食事をしようと出かけた。事前に予約をしていなかったので、1時間程度の待ち時間があった。飲食店近くの「四季の森公園へ行こうよ!」という娘の誘い文句に乗って、やむなくその公園へ立ち寄った。

201143_019

 少し肌寒かった。妻は孫に、僕が着ていたソレステのウインドブレーカーを着せた。孫が着ると裾が長くコートのようだった。妻はその裾をまくりあげた。孫は防寒万全になった。でも、僕はカゼをひきそうな肌寒さを感じた。

201143_024

 孫の後ろ姿は奴さんか、凧のようだ。かっこよいとは言い難い。今はぶかぶかでも、15年も経てば普通に着こなせるようになるのだろう。ただ、このウインドブレーカーがその時まであり続けるかどうかは解らないが。

201143_026

 児童遊具に向かって、2トップの娘夫婦が前を歩く。トップ下、ボランチ、センターバックのトリプルポジション兼任、システムの中核の妻が孫を抱きながら同じ方向へと進む。最後尾の僕は、ピッチ外のカメラマンか?それともボールボーイなのだろうか?

 

« 賢治の詩が響く | トップページ | 夫の亡がら 100キロ離れた海で »

モノローグ」カテゴリの記事