« Books「ニッポン猪飼野ものがたり」 | トップページ | 僕たち夫婦の第34回目の結婚記念日 »

2011年4月 2日 (土)

長野県歌「信濃の国」

20101212_029
 昨年12月に長野市を訪れた。長野駅構内のみどりの窓口で、奈良への帰路の切符を買った。カウンターの横に、長野県歌「信濃の国」の小さな巻物が置いてあった。「いただいてもいいですか?」と職員さんに聞くと「どうぞ!」という言葉に甘えて、バッグの中に入れた。

 その小さな巻物を広げてみた。「信濃の国」の歌詞がしるされていた。以前から、この歌がわが国の中でも、一番有名な県歌であることを知っていた。でも、歌詞のすべてを読んだのは初めてだった。

 ほんとうに長野県下でよく歌われているのかという事実はわからないが、昨年12月に長野市内を善光寺へと向かう途中の大門付近の店舗から「信濃の国」のメロディが流れていた。

「信濃の国」 You Tube サイト

20101212_030_2


20101212_031_2

20101212_033

  「信濃」の各々の地域の風土がなじみやすいメロディに乗せてくまなく詞にしるされている。「信濃」の近代史の中で、分県運動が生じたときに、それを阻んだ歴史的な象徴歌であったという。だからこそ、「長野オリンピック開会式」の日本選手団入場の際にも流れたのだろう。

 「1998長野五輪開会式 日本選手団入場」 You Tube サイト

 奈良市・奈良県の市歌・県歌があるのだろうが、聞いたことがない。あるとすれば、どのようなメロディと詞なのだろうか? 興味はある。ただ、この長野県歌「信濃の国」は、都道府県歌の中では特出した名曲なのではないだろうかと思う。

« Books「ニッポン猪飼野ものがたり」 | トップページ | 僕たち夫婦の第34回目の結婚記念日 »

パルセイロ」カテゴリの記事