« 山は裂け海はあせなむ世なりとも | トップページ | 身を寄せ合った中で逝った園児たち »

2011年3月20日 (日)

昨日は、「奈良県社会福祉総合センター」へ



 3/19(土)9:16、春日橋からバスに乗って、奈良県スポーツ少年団指導者協議会の会合に出席するために、近鉄「畝傍御陵前」近くの「奈良県社会福祉総合センター」へ出かけた。自家用車の「セレナ」で行けばよいのだが、バスと電車の公共機関を利用した。

 昼過ぎに会合が終わり、まっすぐに自宅へ戻れば良いのだが、少し足の痛みが残る中、愚鈍な姿をさらしながら、近鉄西大寺駅で乗り換えて、自宅とは反対方向の近鉄奈良駅へ向かった。目的地は、駅近くの「ビブレ」の地階にある「啓林堂書店」だ。

 幾冊かの本を買い、東向き商店街の「上海楼」で昼食をとった。近鉄奈良駅前で昼食をとる店は概ね決まっている。この「上海楼」か、「太郎」「うどん亭」「八寶」。「上海楼」は意外と落ち着く場所だ。広い店内のBGMは中国の音楽だ。そのメロディーに耳を傾けながら、定食を食べた。帰路、二名春日の娘夫婦宅へ立ち寄った。

« 山は裂け海はあせなむ世なりとも | トップページ | 身を寄せ合った中で逝った園児たち »

モノローグ」カテゴリの記事