« 奈良県庁からの帰り道に | トップページ | 足の違和感から痛みへ »

2011年3月11日 (金)

「改札内からのお声かけお待ちしております」



 3/11(金)夕刻、近鉄奈良駅にいた。ふと旅人のような気分で、おみやげ物屋をのぞいていた。「改札内からお声かけお待ちしております。」という不思議と興味ある言葉が目に入った。



 春近し、「桜わらび餅」に目を奪われた。大の甘党としては、「わらび餅」「桜」が脳裏を駆け巡り、発作的に二箱を買ってしまった。



 確かに迷った。でも店員さんの「桜わらび餅は、季節限定商品です!」という言葉に誘われて買ってしまった。ほんとうは、普通の「わらび餅」をもう一つ買えばよかったと、あとになってちょっぴりと後悔した。



 切符を買って、改札内に入った。先ほど、「桜わらび餅」を買った店が柵越しの向こう側にあった。「改札内からお声かけお待ちしております。」という文字が見えた。ああ、そうか。ここから「桜わらび餅を下さい!」と言えば買えるのだろう。

 昔なつかしい、列車の窓から駅弁を買うような風景を思い浮かべた。「サクラ咲く」季節に、「桜わらび餅」を食べる。別に何のこともないことだが、「改札内からお声かけお待ちしております。」というのは、実に素敵な言葉だ。

「果匠 千壽庵吉宗」公式サイト

« 奈良県庁からの帰り道に | トップページ | 足の違和感から痛みへ »

モノローグ」カテゴリの記事