« 千日前の古本屋へ立ち寄って | トップページ | 聖バレンタイデーの四日後に »

2011年2月18日 (金)

「九州フェア焼酎」に酔いながらも

九州フェア焼酎

 この一週間余り、毎日ではないが職場帰りに、故あって近鉄学園前駅で下車している。なぜ?と思われるだろう? 持病で体調が悪い職場の者を、自宅途上まで付き添い連れ帰っている。深い深い事情がある。

九州フェア焼酎

 近鉄学園前駅に降り立つと、エスカレーターを上がった居酒屋で今宵も飲んだ。「九州フェア焼酎」という文字が見えた。目の前に焼酎の瓶が並んでいた。さまざまなラベルが目に入った。

九州フェア焼酎

 日本酒、焼酎に関わらず、その瓶に張り付いたラベルは面白みがある。酔いながら個性的なラベルを眺めながらも、もう若くもない職場の者の持病でのからだの異変が気になり続けていた。

« 千日前の古本屋へ立ち寄って | トップページ | 聖バレンタイデーの四日後に »

モノローグ」カテゴリの記事