« 東洋大の三連覇か、早稲田大の三冠か~第87回箱根駅伝 | トップページ | 早稲田大 箱根駅伝優勝 三冠成る! »

2011年1月 3日 (月)

久しぶりに、「東京オリンピックマーチ」を聴いて

 久しぶりに、1964年に開催された東京オリンピックの入場行進曲「東京オリンピックマーチ」を聴いた。

「オリンピックマーチ/古関裕而」 You Tube サイト

 1964年東京オリンピックが開催された時、僕は小学5年生だった。今まで57年生きてきて、「あなたにとって、一番印象に残るスポーツイベントとは何ですか?」と問われれば、間違いなく「1964東京オリンピックです!」と答える。

 開会式の入場行進曲が「東京オリンピックマーチ」だ。古関裕而が作曲したものだ。個人的に言えば、日本人が作曲したマーチ(行進曲)の名作・傑作だと思っている。1964年10月10日にそのメロディを聴いた日を、祖母にねだってこの曲のシングル盤を買ってもらった日を思い出す。

 古関裕而は、阪神タイガース「六甲おろし」、読売ジャイアンツ「巨人軍の歌」、早稲田大応援歌「紺碧の空」、「慶応大応援歌「我ぞ覇者」を、そして、かの有名な高校野球の「栄冠は君に輝く」を作曲した。スポーツと深い結びつきのある作曲家だ。

 今朝、「オリンピックマーチ」を聴きながら、あの日を振り返りながら、未来への新たなる一歩を踏み出すと自分自身に言い聞かせた。

« 東洋大の三連覇か、早稲田大の三冠か~第87回箱根駅伝 | トップページ | 早稲田大 箱根駅伝優勝 三冠成る! »

音楽」カテゴリの記事