« 「歩けば歩くほど、・・・・・」 ~戸隠・JR長野駅ポスター | トップページ | 「J」を目指すクラブにとっての大関門~全国地域サッカーリーグ決勝大会 »

2010年11月16日 (火)

「全国地域リーグ決勝大会プレビュー」を読んで~週刊サッカーダイジェスト

20101114_018  「週刊サッカーダイジェスト」(No.1085 11/30)に掲載されていた「全国地域リーグ決勝大会プレビュー」を読んだ。単行本「股旅フットボール」を書かれたフットボールジャーナリストの宇都宮撤壱氏が執筆されていた。

 その記事は、「今年も運命の季節がやってきた。」という書き出しで始まっていた。「この大会には根強いファンが多いのも事実だ」。同氏も2005年からこの大会を取材されているとしるされていた。

 私もまたこの大会には興味があり続けている。派手さはないが、本誌の見出しの言葉を借りれば、「Jリーグ」参入をめざすクラブの登竜門であるJFL(日本フットボールリーグ)昇格をかけた「激戦必死の過酷なサバイバル」だと思う。

 同氏の大会展望では、AグループはS.C.相模原。Bグループはグルージャ盛岡。そして、Cグループは最も予想が難しいと同氏は言う。

 地域リーグ決勝大会に進出したチームの大部分は、過日の全国社会人選手権大会に出場している。そのベスト4のうち、3チームが、このCグループに入った。カマタマーレ讃岐、AC長野パルセイロ、福島ユナイテッドの3チームだ。

 カマタマーレとパルセイロの「この2チームが頭ひとつ抜けているのは間違いない」と同氏は展望している。Cグループは過酷な闘いになることは間違いない。同誌も「死のグループ」と表記している。

 同誌の全国地域リーグ決勝大会1次ラウンドの各グループの展望は下記の通りである。
◎本命 ○有力 △対抗 !?ダークホース

【Aグループ】
◎S.C.相模原 ○レノファ山口 △Y.S.C.C !?HOYO Atletico ELAN
【Bグループ】
◎グルージャ盛岡 ○shizuoka.藤枝MYFC △三洋電機洲本 !?札大GP
【Cグループ】
◎カマタマーレ讃岐 ○AC長野パルセイロ △福島ユナイテッドFC !?さいたまサッカークラブ

「第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会/JFA」公式サイト

「第34回全国地域リーグ決勝大会」Webサイト

« 「歩けば歩くほど、・・・・・」 ~戸隠・JR長野駅ポスター | トップページ | 「J」を目指すクラブにとっての大関門~全国地域サッカーリーグ決勝大会 »

パルセイロ」カテゴリの記事