« 作州・津山から帰還して | トップページ | AC長野パルセイロ 初戦勝利! »

2010年11月21日 (日)

なぜ、「ぴょん吉」と名づけたのか?

20101120_026

 11/20(土)夜、「美作サッカーラグビー場」近くの「民宿ぴょん吉中山荘」に宿泊した。その宿泊先の「ぴょん吉」という名を、出かける前に見てから気になっていた。

 11/21(日)朝食を済ませてから、その民宿のおばさんに勇気を出して、清水の舞台から飛び降りたような気持ちで聞いてみた。

 「なぜ、“ぴょん吉なのですか?”」と。おばさんの顔に笑みが浮かんだ。それは、よくぞ聞いてくれたというような表情だった。

 おばさん曰く、以前はその辺りには田んぼが多くあり、池もあった。「カエル」がたくさんいた。ぴょんこ、ピョンコと、「カエル」がはねていたそうだ。だから、この民宿の名を「ぴょん吉」と名づけたという。

 人は何かの想いに駆られて、「名」をつけるのだ。「ぴょん吉」という名は、そのおばさんにとって、私が戯れに思うには、不謹慎なほどの大切な「名」かもしれない。
 

 

« 作州・津山から帰還して | トップページ | AC長野パルセイロ 初戦勝利! »

ソレステレージャ」カテゴリの記事