« 姨捨・長楽寺の石仏 | トップページ | 壮行試合パルセイロ対松本山雅へ 観衆2000人 »

2010年10月10日 (日)

雨を見たかい!

20101009_002

 10/9(土)朝7時前の二名小学校グラウンドだ。昨晩から雨が降り続いていた。グラウンド状態は最悪だった。その日は、第29回二名カップ少年サッカー大会の初日だった。開催するかどうかの判断をするために、朝5時30分に一度このグラウンドにやって来た。その時は小雨だった。一日中、雨だとは解っていたが、携帯電話でスタッフとやりとりしながら、最終的に開催することにした。

20101009_003

20101009_005

 朝7時前に、子どもたちも準備のために、ぬかるみのグラウンドへとやって来た。肌寒さ、雨模様、悪コンデションを恨んでいるのだろうか? それでも子どもたちはやって来る。

 天然芝、人工芝のピッチは確かにサッカー環境として素敵なものだ。ただ、それだけがサッカー環境ではないことも事実だ。それでは、このような草の根のグラウンドはサッカー環境としては不的確なのだろうか?

 私はそうは思ってはいない。天然芝、人工芝のピッチでサッカーをすることのみがサッカーではない。このような泥濘のようなクレーのピッチでサッカーをすることも、またサッカーなのだ。

20101009_004

 昨日は、このグラウンドに一日中いた。テントの中だが。子どもたちの泥まみれでボールを追う姿を観た。心地よく素敵な気分になった。そして、雨を見た。一日中降りつづく雨を見た。ふと、CCR(クリーデンス・クリアーウォーター・リバイバル)の「雨を見たかい」という曲を思い浮かべていた。雨模様もまた楽し!

「雨を見たかい/CCR(クリーデンス・クリアーウォーター・リバイバル)」 You Tubeサイト 

« 姨捨・長楽寺の石仏 | トップページ | 壮行試合パルセイロ対松本山雅へ 観衆2000人 »

モノローグ」カテゴリの記事